2007/02/20 (Tue) 世界大会について

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんばんは。本当に長らく放置しておりました。
最後の記事を見るともう一年以上も前のこと…。

実はあれから大学生活のほうが本当に忙しくなってしまって
GAをプレイすることができなかったんですね。

だけど、今年の1月に念願のMy ノートパソコンをゲットしたので
今年に入ってからかなり頻繁にログインするようになりました。
というわけで、このブログも不定期更新ながらまたボチボチやっていこうかなと思います。

最近、やってみての所見・・・。



以前に比べてまず把握できないぐらいアクセサリの数が増えた。

ランクが低いのに強い人がたくさんいる。

1サーバーと2サーバーではプレイヤーの雰囲気が違っている。

ファンサイトの数も実に多様。


まだまだあるんだけれど、今はこれぐらいかな。

というわけでかなり久しぶりなので軽くプロフィールを。



キャラクター     いるめ

プレイ歴       ガンホーがサービスを開始した日から(もう四年以上?

ランク         狼

所属ギルド     タロッツ

好きなスタイル   超人、スパイ、宇宙刑事

苦手なスタイル   格闘家、軍人

好きなステージ   オリエントシティ、千年ジャングル、キングオブアンプドなどなど。

主な使用アクセ   トンファー、苗、円月輪、ミカエルリング、数珠などなど。


有料アクセは今まで買っていなかったんですけれど、
今年に入っていい機会だと思って気になるアクセがあったら知人の批評などを
聞いてちょくちょく買っています。


よく苗を植えまくって味方を殺めてしまいます。

数珠をやたらめったら振り回します。

トンファーで突っ込みまくります。



とにかく、マイポリシーは楽しくプレイすること。

強さも大事だろうけれど、やっぱりこういったゲームって一番リラックスして
プレイするのが重要なんじゃないかって考えているから。


文章まとまっていないけれど、今回はこの辺で!!


ゲーム内で見かけたら気軽に話しかけてくださいー





スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記


ついさっき…やっと

学校のファイナル(期末試験のようなもの)

が終了しました

特に、コンピューターのファイナルのテストでは

頑張って、98点でした。


他の皆もテストがあまりにも簡単で

満点を取っている人が相当多いみたいだけれど…



そして、昨日は久しぶりにGetamped。

ほぼ、一週間ぶりぐらいだったと思う。


特に、ずっと今までGetampedを友達のPCで

やっていたのだけれど、その友達が寮を出ることに

なっているので次からはしばらく

プレイできる可能性がかなり低くなります


(自分のPCを買った春にまた再開する予定かも



昨日、久しぶりにプレイしていて思ったこと。

韓国に比べて確かに人が少ない。

でも、自分はこのゲームは他のネットゲームと違って


レベル上げに固執する必要がない手軽さ。


というものがスゴイ好き。


他のRPGとかになったら

レベル上げとか自分のパーティーとかに

夢中になってそれこそ中毒から抜け出せないから…。



でも、ロビーでの会話だったりだとか

すごい強いアクセサリーを装備している人が

たくさんいたりして…。


楽しさを追求しているよりか

ただ、単純に勝ち負けに固執している人が多いのかなって

改めて考えるようになった。


中には、よろしく!とかおつかれ!なんて言わずに

そのまま無言でゲームだけやっている人も

結構今まで見てきた。



それに比べたら、やっぱり一つ一つのゲームを

楽しみたいし、楽しまないと何でゲームをやっている

んだろうって未だに思う。





勿論、人それぞれ色々考えがあって当然。

あなたはGetampedに楽しみを見出せてますか?

久しぶりの投稿です

最近は本当にバイトだったりと

学校の勉強が忙しくてなかなか書く時間がありませんでした。

しかも、明日はComputer Literacyの授業でプレゼンが

あるし、体育の授業の試験もあるので

今日は徹夜になりそうです・・・



昨日、何気なく久々に公式HPに行ってみてビックリ。

今まではずっと無料でアクセもできたし

いつお金を払う場面になるんだろうって

一人でハラハラしてたような気がします



だけれど、遂にやってきてしまった。


 有 料 化 の 波 。



特にまだ正式サービスが開始してから

実際にGetampedをプレイしていないので細かい部分は

わかりません。

だけれど、色々友達から聞いたりだとか

掲示板の情報や公式HPの情報を判断するかぎり…。

Gunghoの時よりかだいぶ割高に値段が設定されているような

気がしてなりません。


ここで考えてみて欲しいのが

このゲームをプレイしている年齢層。


もし、プレイヤーが高校生や大学生やあるいは社会人

だったら自分でバイトなりお金を工面することはできるから

ほぼ不自由なくゲームにお金を費やすことが

できるんだと思います。


しかし、もっとそれより下の若い場合。

多くの場合はお小遣いから抽出しなきゃいけないから

かなり不満の声が上がってきたり

無料でできたからこそプレイしてた人がゲームから離れて

そのまま引退してしまうってケースも

十分考えられるんだとも思いました。



だけれど、少なくとも

今まで一部の人しかもっていなかった獣人だとか

高額GMアクセもほとんど有料化しているから

お金さえ払えばほとんど強くなることはできます。

実際に、コンバットブーツだとかドラゴンクローのような

Gungho時代から凶悪と言われてきたアクセサリーも

開放され始めたので禁止する部屋だって

出てくるのも時間の問題かもしれません。

(実際にもうそういう部屋ってあったりするのかな


少なくとも、多少のゲームの活性化に

変動がありそうな正式サービスの開始。

やっと正式に始まったことが嬉しくもあり、今まで無料だったのに

急にお金を費やした人が強くなる環境に

ちょっと個人的に戸惑っていたりもします。




あなたはもう何かアクセを買いましたか

ここ数日は毎日学校の宿題がたまっていて

全然ログインする時間がありません。

もうそろそろ期間限定のチャレンジとかが終わって

しまうみたいだけれど

皆さんは順調にクリアしていますか


いやはや、あの賞品である仮面は是非ゲットしたい

のだけれど、果たして25日以降はできるのだろうか。。



今日はチーム選択のお話。

ご存知の通り、ADのようなシングルでやるバトルの他は

赤か青のチームを選択してチームを決めなければいけない。

勿論、ギルドVSバトルのようなあらかじめ決まっているような

部屋だったら選択の余地はないけれど…


実際、あなたはどういう基準でチームを決めていますか?

話を聞いていると…

「○○はずっと強い人で固まるチームばっかりにいる。

 これだったら勝ってばっかりで当然だよ


と不満の声も今までたくさん聞いてきた。



大体、流れ的には…

装備やスキンなどを決める

誰かが赤か青など一番最初にチームを決める

それから他の人が赤と青で交互に決めていく。



というのが一般的。


でも、中には

明らかに

交互の法則を破っていく人

がいます。

つまり、交互にフェアにチームを割り振っていくのが

普通なのに誰か特定の強い人がいたら他の人なんかお構いなしに

そのチームに決めてしまうこと。


とかいう自分もたまにやってしまう事なんだけれど

やっぱり、他の人に不快な思いを与えかねません。

勿論、明らかに実力の差が出るような

チームの分け方を続けるのもどうかと思いますけれど…



あなたは何かチームを分けるときにこだわりはありますか?




(ちなみに、F5かF6を押すと素早くチームを決められます。

 結構知っている人が少ないすごい便利コマンドですよ

今は大学の社会学の授業のエッセイを書いています。

明日が締め切りなのだけれど、いかんせん授業も全部英語で
エッセイも全て英語で書かなければいけないから
日本語できちんと考えをまとめないとマジで無理

もっと、真面目にやっとけば良かったなんて

今更ながら後悔しています。

きっと、今夜は徹夜だろうなぁ


そうそう、ちょっと古い話になるのだけれど

2月の上旬に韓国で初めてGetampedの世界大会が
開かれましたよね。

日本のGetmapedの管理会社でもあるCyberStepも

この大会を大々的に支援していました。

考えてみると本当にスゴイの一言に尽きると思います。

だって、同じゲームで国境を越える事ができるのだから…。


今までたくさんのネットゲームをやってきたけれど

どうしても無料でできる分、冷めやすかった。

そこでできた友情も所詮は一時的なもの。

いくらメッセで登録したとしても、昔はゲームについて

白熱して意見を交わしていても今は話すらしもしない。


これって自分が求めていたことなのだろうか


いえ、絶対に違うでしょう。


今、プレイしているGetampedも顔が見えない分

リアルで付き合えるような友達って言ったら

YESとは言えない。

(でも、頻繁にオフ会も開かれているみたいだから
 
 すごいユーザーのコミュニケーションという観点においては

 発達しているゲームなんだとも思います。)

だけれど、世界大会に参加した出場者の人たちには

海外に行けるという貴重な体験じゃなくて

同じゲームから得られる友達というものもある。


今回、参加した出場者の中には個人的に親交のある人も
何人かいます。

個人名を出させてもらうと、特に個人戦で4位に入賞した

Yuuはお互いの生活の様子も知る貴重な友達の一人。

ちょっと、年齢の差はあるけれど、全然関係ないぐらいに

仲良くさせてもらっています。


今回、世界大会での様子などを色々と見ていて

スゴイ彼が戦っている様子を見ていて胸が熱くなったし

今まで以上に一回りも二回りも逞しく見えたぐらい

本当に自分がプレイしているゲームがここまでの産業なのだ

なぁと実感せざるを得なかった。



オンラインゲームは『今』という一時的なモノを

楽しむモノ。

でも、それだけじゃ終わらせたくない。


どうせ楽しむんだったら、もっとたくさんの事を得たいと思う。

貴重な自分の時間を費やしているわけ。いくらゲームといえど。


世界大会でもっと②活性化するんじゃないのかなぁとすら

思います。





| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Way of Life, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。