上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今は大学の社会学の授業のエッセイを書いています。

明日が締め切りなのだけれど、いかんせん授業も全部英語で
エッセイも全て英語で書かなければいけないから
日本語できちんと考えをまとめないとマジで無理

もっと、真面目にやっとけば良かったなんて

今更ながら後悔しています。

きっと、今夜は徹夜だろうなぁ


そうそう、ちょっと古い話になるのだけれど

2月の上旬に韓国で初めてGetampedの世界大会が
開かれましたよね。

日本のGetmapedの管理会社でもあるCyberStepも

この大会を大々的に支援していました。

考えてみると本当にスゴイの一言に尽きると思います。

だって、同じゲームで国境を越える事ができるのだから…。


今までたくさんのネットゲームをやってきたけれど

どうしても無料でできる分、冷めやすかった。

そこでできた友情も所詮は一時的なもの。

いくらメッセで登録したとしても、昔はゲームについて

白熱して意見を交わしていても今は話すらしもしない。


これって自分が求めていたことなのだろうか


いえ、絶対に違うでしょう。


今、プレイしているGetampedも顔が見えない分

リアルで付き合えるような友達って言ったら

YESとは言えない。

(でも、頻繁にオフ会も開かれているみたいだから
 
 すごいユーザーのコミュニケーションという観点においては

 発達しているゲームなんだとも思います。)

だけれど、世界大会に参加した出場者の人たちには

海外に行けるという貴重な体験じゃなくて

同じゲームから得られる友達というものもある。


今回、参加した出場者の中には個人的に親交のある人も
何人かいます。

個人名を出させてもらうと、特に個人戦で4位に入賞した

Yuuはお互いの生活の様子も知る貴重な友達の一人。

ちょっと、年齢の差はあるけれど、全然関係ないぐらいに

仲良くさせてもらっています。


今回、世界大会での様子などを色々と見ていて

スゴイ彼が戦っている様子を見ていて胸が熱くなったし

今まで以上に一回りも二回りも逞しく見えたぐらい

本当に自分がプレイしているゲームがここまでの産業なのだ

なぁと実感せざるを得なかった。



オンラインゲームは『今』という一時的なモノを

楽しむモノ。

でも、それだけじゃ終わらせたくない。


どうせ楽しむんだったら、もっとたくさんの事を得たいと思う。

貴重な自分の時間を費やしているわけ。いくらゲームといえど。


世界大会でもっと②活性化するんじゃないのかなぁとすら

思います。



スポンサーサイト




(-з-)
来年も出れたらいいな〜
【2007/02/21 07:56】 URL | yuu #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Way of Life, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。